2018年度 各室・委員会方針 | 公益社団法人草津青年会議所
スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー

総務室

室長 山田 朋史 somusitsu_yamada

公益社団法人草津青年会議所は、メンバー減少に伴い活動・運動を縮小せざるをえない状況に陥っています。だからこそ我々は、強固な組織体制の下で、地域の方々に我々の運動・活動を知っていただき、地域からの信頼の獲得を目指し、「明るい豊かな社会の実現」に向け、活動・運動を行っていかなくてはなりません。

そこで総務室では、草津青年会議所のメンバーが活動・運動を円滑に行うために、基本資料を取りまとめ、基盤を構築します。そして、組織の方向性などの重要事項を決定するために、適正な予算等を作成し、円滑な総会を開催します。さらに、メンバーの規律に対する意識を向上させるために、連綿と受け継がれてきた組織のルールの周知や、時代に即したルールの選定を行い、組織の活性化につなげます。また、草津青年会議所の効果的な情報を受発信するために、サポート体制の構築と広報戦略の策定を行い、各委員会がホームページやSNS等を効果的に活用し、受信する側の視点に立った広報活動を行います。そして、今後も草津青年会議所が存続するために、メンバー全員で拡大活動を行うための拡大戦略の策定を行い、メンバー一人ひとりが地域の青年たちと交流を深め共感することで、「100人 LOM を目指します」というビジョンを胸に刻みます。

組織の基盤を構築した我々は、個々の持つすばらしい力を最大限に生かし、強い覚悟と責任ある行動をとり、メンバー全員で会員拡大・広報活動するという揺るぎない覚悟を持 って室運営を行います。

 

総務委員会

委員長 松林  慧matsubayashi2

公益社団法人草津青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を目指して、永きに亘り、草津のまちづくりに取り組んできました。そして、我々が公益認定を受けて今年で7年目となります。我々は、今後も、地域から信頼を得る健全で強固な組織としてあり続け、公益社団法人として適正な組織運営を行っていかなければなりません。  

そこで総務委員会では、組織の透明性を高めるため、公益認定基準や会計基準に則し、予算を作成します。そして、健全で強固な組織の基盤を作るため、事前に検討材料となる資料をまとめ、円滑に総会を運営します。さらに、メンバーが活動・運動を円滑に行うことができるようにするため、草津青年会議所の基本情報をまとめ、行政や関係団体、先輩諸兄に開示します。また、在籍年数の短いメンバーが多くを占める中、草津青年会議所が規律ある組織として地域から信頼を得る存在であり続けるため、先輩諸兄から連綿と受け継がれてきたルールを今一度メンバー間で確認し、時代に即したルールの選定を行います。そして、組織の活性化につなげるため、事前に基本情報を確認できる状態にした上で、日本青年会議所や各種協議会と議論や対話を行います。さらに、卒業するメンバーとJCの絆を再確認するため、卒業するメンバーにJCでの経験や思い出を語って頂き、その思いをメンバー間で共有します。また、メンバーの意欲を高めるため、一年を通して力を尽くした委員会及びメンバーを皆で称える機会を設け、翌年の活動・運動への刺激とします。そして、メンバーがLOMの活動・運動の記録を活用しやすくするため、これを適切に整理・保存します。  

規律を正し、意欲を持ったメンバーが、先輩諸兄の思いを受け継ぎ、引き続き地域の信頼を得ることのできる透明かつ健全な組織となることを目指し、揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。

 

会員拡大・広報戦略委員会

委員長 吉田 征史 yoshidaseiji

公益社団法人草津青年会議所は、会員数減少が原因で、活動・運動のエネルギー源が枯渇しています。この慢性的な惨状を打破し運営資源を回復傾向へ軌道修正しなければ、貴く高潔な志の上に築かれてきた歴史も、我々の理念も、やがて衰亡します。今こそ我々は、拡大活動に対する「目に見えない無関心」という病理を解消し、「100人LOM」を目指す真の意義を共有し、持続可能性が確保された「拡大戦略」を確立する必要があります。

そこで、会員拡大・広報戦略委員会は、全員拡大の理想と現実のギャップを埋めるために、拡大戦略会議を周期開催し、情報の集結を持続的に行うと同時に、長期的、全体的展望に立った拡大目標と拡大目的を達成するための諸力を総合的に発展させることで、拡大体質の醸成をはかります。そして、全メンバーの志気を高めるために、JAYCEEとしての情操を備えた同志を招いた例会を開催し、彼らの経験から学びを受けることで、全メンバーの感化を促します。さらに、新しいメンバーの志を果敢なる使命にかえるために新入会セミナーを開催し、活動・運動への理解を深めることで、更なる躍進へと導きます。また、草津青年会議所のブランディングを行うために、平明な情報を軸とし、基準に従った周到な計画のもと、合理性と能動性の両輪を旋転させた広報戦略を確立することで、広報効果を引き上げます。そして、地域からの信頼と共感を得るために、Web上で組織の健全性を示し、有意義な情報と我々の「想い」を明確に伝えることで、地域からの応援を我々の新たなエネルギーに変換します。

不連続の連続の中で普遍的な価値を追う「青年」そのものが価値である。多くのメンバ ーが組織に加わり新たな価値が創出されれば、組織は一層強化されます。メンバー全員で未来へつながる「拡大体質LOM」を構築し、地域の歩みの力となる青年が集う「100人LOM」を実現すべく、揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。

 


会員室

室長 竹村  渉 takemura

公益社団法人草津青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」に向けて、地域に良い影響を与える組織であり続けなければいけません。だからこそ、メンバー一人ひとりが自ら修養し、仲間とともに切磋琢磨しながら成長を図り私たちが、今まで以上に地域にとって必要な組織とならなければいけません。

そこで会員室では、個々のメンバーの見識を広げるために、地域や現代社会に存する様々な問題を調査し、研修の機会を設けます。そして、メンバー一人ひとりが青年会議所活動に価値を見出すために、青年会議所会員だから学ぶことができたと感じる機会を設け、それぞれの自己啓発につなげます。さらに、私たちの活動を家庭、社業そして地域に貢献できるものとするために、研修の機会を自己啓発につなげることで、個々のメンバーの意識向上を図ります。また、メンバー全員が活動・運動の醍醐味を享受するために、様々な機会を通じて交流を図り、組織の活性化を図ります。そして、同志の絆を深めるために、メンバー同士活発にコミュニケーションを取ることで互いの生活環境や価値観を理解し、強い信頼関係を結びます。さらに、私たちが様々な方に支えられて活動・運動ができていることを感じるために、対外の方々とも積極的に交流し、感謝の心を育みます。

様々な研修や交流を通じて、青年会議所に魅力を感じたメンバーが、意欲的に活動・運動することで人間力を高め、その力を他人のために使うことができる人材へと成長し、社会に貢献することができる強い組織となると確信し、揺るぎない覚悟をもって室運営を行います。

 

研修委員会

委員長 浅井 勇希asai

公益社団法人草津青年会議所は、長きにわたり、JC三信条に基づき「明るい豊かな社会の実現」に向けた活動・運動を展開し、多くの人と接してきました。私たちは、刻々と変化する時代の中にも普遍的なものを見出し、今後も地域に寄与する活動・運動を展開しなければなりません。だからこそ、メンバー一人ひとりが草津青年会議所の会員であることに誇りを持ち、様々な研修の機会を通じて仲間と切磋琢磨し、人間力を高める必要があります。

そこで研修委員会では、行き過ぎた個人主義から家族の結びつきが希薄化しているとも言われる時代における活動・運動を展開するために、最小単位の社会と言われる家族関係のあり方、人と人とのつながりを大切にする思いを深く考察し、家庭に貢献する意識を高めます。そして、メンバー一人ひとりが変化する時代の中でも社会の中核を担うことのできる人材となるために、様々な考えを持つ人の心と心を融和させることができるような人間哲学を備え、組織力を伸ばすことのできるリーダーとしてのあり方を学ぶ機会を創出し、社業に貢献する意識を高めます。さらに、私たちの住まうまちに根差し、他を思いやる心を持って活動・運動をするために、まちの自然環境とそこで形成された住環境の成り立ちを知った上で、非常時には共に助け合うための備えを平時より議論する機会を提供し、地域に貢献する意識を高めます。また、これらの研修事業をメンバーのみならず一般市民にも開かれたものとして運営することで、一般市民の自己啓発にもつながり、地域のためになるものとします。

様々な研修を通じて成長し、人間力の高まった私たちが、その高められた能力を他人の幸せに寄与することができる人材となっていることを目指し揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。

 

交流委員会

委員長 中嶋 裕樹nakajima2

公益社団法人草津青年会議所はこれまで様々な活動・運動を通じてメンバー間の友情を育んできました。そして人々のコミュニティ環境が変化する中、私たちの活動エリアにおいても、人と人との結びつきをどのように強固にしていくのかが問われている状況にあります。私たちの運動が求められている今こそ、個性溢れる草津青年会議所メンバーの心を一つにし、様々な方とより深い人間関係を構築する必要があります。

そこで交流委員会では、メンバー一人ひとりが深く相手を知るために、青年経済人として家庭人として、どのような活動環境の中で過ごしているのかを互いに理解し、新たな友情のきっかけを創出します。そして、互いがかけがえのない仲間であることの実感を得るために、交流事業を通じて心の交流を図ります。さらに、私たちが、今めぐりあい生かされていることに気づくために、身近な人へ感謝の気持ちを伝えることで身近な人と共に人生の喜びを感じあいます。また、「仲間への奉仕」が自己成長の一番の近道であることを学ぶために、先輩諸兄との交流を通じ、仲間がいるからこそ活動・運動ができることを心付きます。そして、固い結束で結ばれたメンバーが草津青年会議所のさらなる活力へとつなげるために、他地域で活躍されているメンバーの熱い情熱と魂に触れることで互いの友情を改めて認識します。さらに、草津青年会議所で得られた感動を共有するために、一つの節目を迎えられる卒業生へ現役メンバーが最高のひと時を演出することで、卒業生へ最高のはなむけを送ります。

私たちが仲間や自らのコミュニティを想う積極的な言動は、他を助ける奉仕の精神に充ち溢れた自己を呼び覚まします。そして、自利利他の精神を兼ね備えた運動を最大限発揮できる魅力的なJAYCEEになることを志し、揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。


事業室

室長 前田 武憲 maeda_jigyo

公益社団法人草津青年会議所は、昨年より50周年ビジョンの実現に向けて邁進してきました。しかし、ビジョンの実現に向けた取り組みは「個」の努力だけでは成しえない部分があります。今一度メンバーが「公」の意識を持って一丸となり、このまちやひとを巻き込んだJC活動・運動を展開し、ビジョン実現とこのまちの輝かしい未来に向け前進する必要があります。

そこで事業室では、SO-AIプロジェクトのもとで行う運動を自信と誇りにするために、草津青年会議所が主体的となってコミュニティと連携し、まちづくりの当事者意識を持って展開します。そして、草津青年会議所がこれからも地域から必要とされるために、先輩諸兄から受け継がれてきた伝統事業や想いに現役メンバーのエッセンスを織り交ぜ、このまちで活動・運動を続けられる喜びと感謝の意を込め事業を行います。さらに、若者たちが愛郷心と利他の心を育める事業を創出するために、地域の方々と手を取り合い、まちの未来の担い手である若者たちと語り合うことで、その中で学び得た自由な発想力やまちに対する想いや考えをカタチに変えます。また、SO-AIプロジェクトがまちの未来のかけ橋となるために、私たちがこれまでに行ってきた活動・運動を検証し、自他共にさらに益のあるものへと磨き上げていきます。

このまちの魅力とは、このまちの人たちそのものであります。メンバー全員が、「自利利他」の精神のもと、このまちやひとの魅力を引き立て、その魅力を輝かしい未来へつなげることを絶対的使命とし、揺るぎない覚悟持って室運営を全うします。

 

地域創造委員会

委員長 小林 直樹kobayashi

公益社団法人草津青年会議所は、昨年より50周年ビジョンの実現に向けたまちづくりを行ってまいりました。50周年ビジョンの実現には、草津青年会議所がこのまちの発展に寄与し、まちの方々と手を取り合い、持続的な活動・運動を展開していくことが不可欠です。だからこそ、メンバー一人ひとりが「公」の中の「個」であることの意識を確立し、より多くのまちの方々を我々の活動・運動に巻き込むことが必要です。

そこで地域創造委員会では、このまちの宝である子どもたちの豊かな心を育むために、草津青年会議所メンバーが協働団体の方々と手を取り合い、子どもたちの新たな人生の門出である小学校入学を、長きにわたり脈々と受け継がれてきた事業で祝福します。そして、まちの未来を担う若者たちがまちへの理解を深め、利他の心を育むために、草津青年会議所が行う事業に若者たちを巻き込み、互いに新しい発想を取り入れつつ、若者たちが活躍できる場を創出します。さらに、メンバー一人ひとりがまちづくりの担い手として成長するために、SO-AIプロジェクトの中で他団体と共に活動し溶け込むことで、メンバー一人ひとりがまちづくりの担い手であることの自覚を促し、主体的に活動する意識を高めます。また、メンバー一人ひとりがまちの発展のために運動をしていく意欲を高めるために、SO-AIプロジェクトとして行った事業について評価・検証し議論する機会を設けることで、自分たちができることを自発的に考え、今後更に良い事業へとなるよう引き継いでいきます。

まちの方々のお互いに接する機会が増えて、活気の溢れるまちをつくる担い手として草津青年会議所メンバー一人ひとりが利他の心をもって行動し、まちから必要とされる存在となるよう揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。


  • リンク集

    • 50周年ビジョン
    • 賛助会員一覧
    • 2017年度WEB
    • メンバーページ
  • 日本青年会議所

    • 公益社団法人日本青年会議所
    • 公益社団法人青年会議所近畿地区協議会
    • 公益社団法人日本青年会議所滋賀ブロック協議会
  • 姉妹LOM

    • 社団法人みとよ青年会議所
  • その他

    • 滋賀県
    • 草津市
  • Counter

    • 160190総閲覧数:
    • 8今日の閲覧数:
    • 102昨日の閲覧数:
  • 公益社団法人 草津青年会議所