事務局兼財政規則特別委員会:委員長 山田 朋史

私たち公益社団法人草津青年会議所は、公益認定から6年の間、地域の付託と信頼にこたえるために、コンプライアンスや規律または法令等を遵守し、団体の透明性を高めてきました。また、定款に基づき業務執行の決定や総会を行い、格式とルールを重んじた組織運営を行ってきました。これからも公益性と共益性を高いレベルで追求し、メンバー一人ひとりが地域からの付託と信頼に対し責任感をもって運動を展開していく必要があります。
そこで事務局兼財政規則特別委員会では、スムーズな理事会運営を行うために、各委員会の議案上程スケジュール厳守の徹底を促し、業務執行理事会議の事前に財政規則特別委員会を実施します。そして、適正な予算計画の立案、執行及び決算を導くために、厳格な審査を行い、事業の成果を高めます。さらに、公益社団法人として社会的価値と青年会議所運動のブランディング向上のために、メンバーが財政規則特別委員会に参加することで、コンプライアンスに対する理解を深めます。また、円滑な総会の進行をするために、正確な総会資料を作成することで、事前配信を含めた情報の共有化を図ります。そして、組織全体の方向性を統一するために、総会運営を行うことで、メンバー一人ひとりの責任性を感化させ結束力を高めます。さらに、草津青年会議所の2016年度及び2017年度の活動内容を理解していただくために、各種資料を作成することで、私たちの運動を対内外へ発信します。また、先輩諸兄とメンバーの距離を今まで以上に縮めるために、パイプ役となり、コミュニケーションの場を設け、互いに共感し共創できるよう努めます。
メンバー一人ひとりが、コンプライアンスや規律または法令等を正しく理解し、常識・良識に溢れる人材に成長するとともに、公益性と透明性の高い組織となり、地域からさらに信頼される公益社団法人草津青年会議所となることを目指し委員会運営を本気で行います。

会員拡大特別委員会:委員長 山川 祐輔

私たち公益社団法人草津青年会議所は、昨年度50周年ビジョンの中で「5年後100名LOM」の大目標を掲げました。しかし、かつては100名以上のメンバーが在籍した草津青年会議所ですが本年度は過去最低人数での始動となり、今なおメンバーの減少に歯止めが利かないのが現状であります。この現状をメンバーがしっかりと理解し、この窮地から抜け出すべくLOM一丸となって本気で会員拡大活動に取り組まなければなりません。
そこで会員拡大特別委員会では、メンバーの拡大に対する意識の底上げを重点に、拡大の重要性への理解を深め、メンバー全員が拡大に取り組める例会運営をします。そして、従来の手法に捉われない新しい発想を導き出し、新入会員自らが企画した例会を実施する機会を設け、青年会議所に対する価値と理解を高め意識変革につながる例会運営を実施します。さらに、いまだ地域に眠る同志を発掘するため、メンバー全員が草津青年会議所の広告塔となりPRが出来る拡大ツールの作成を行います。また、会員拡大に向けた候補者発掘のため、メンバーが様々な業種の方と交流し、多くの候補者と面識を持つ機会を設ける異業種交流会を開催します。そして、一人でも多くの同志を本入会へと導くため、候補者の意識変革を促し、青年会議所の魅力を感じていただけるセミナー運営を行います。さらに、晴れて草津青年会議所に入会した新しい同志がJC活動・運動に邁進するためフォローアップを行い、育成に努めてまいります。また、自らが草津青年会議所の広告塔である自覚を持ち、JC活動・運動や各種事業に参画し更なる輪が広がることを目指します。
メンバーが一丸となり同じ意識を持ち会員拡大に取り組めば「5年後100名LOM」はおのずと近づいてきます。その初年度として、まずはメンバーの気持ちを会員拡大に向け、30名の拡大達成、そして5年後の大目標達成を目指し委員会運営を本気で行います。

総務室

室長:岸 泰裕

私たち公益社団法人草津青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現に向けて長年、活動・運動を行ってまいりました。今後も、草津青年会議所が厳格な予算運営と積極的な情報公開、例会運営を行う組織として成長し、地域の人々に理解され信頼される組織として存続する事が重要です。
そこで総務室では、積極的な情報公開が行う事が出来るように、SNS等の様々なコミュニケーションツールおよび手法をより活用していくことで、市民の声に耳を傾け、その声の本質を把握できる受信体制を整えます。そして、ホームページのより積極的な活用や広報誌等の配布を通じて、私たちが地域のために行動する姿を、地域の方々に対してより効果的に伝えることが出来る発信体制も今まで以上に強化していきます。さらに、草津青年会議所における公式訪問を含めた例会運営や事業の運営による広報活動を担当していきます。また、草津青年会議所の持続性を鑑みた厳格な予算策定を行うとともに、ハンドブックの作成により、メンバー同士やシニア、他LOM,行政に対して会員情報を提供することで、活動・運動を行う事が出来るように総務活動を担当していきます。
活動・運動に対して、地域からより深い理解と信頼を得た私たちは、今まで以上に地域を巻き込んだ活動・運動の構築が可能となり、夢や希望に満ち溢れる草津の実現に近づきます。輝かしい未来を語れる誇り高き草津を実現するために、室運営を本気で行います。

総務広報委員会  委員長:中西 健太

私たち公益社団法人草津青年会議所は、半世紀に亘り「明るい豊かな社会」の実現を目指し、日々活動・運動を展開してまいりました。しかし、私たちの存在や活動・運動が地域の人々に十分認知されているとは言えないのが現状であり、今後草津青年会議所がより認知される組織となるよう、メンバー一人ひとりが運動の発信者であるとの自覚を持って地域を巻き込んだ活動を行い、情報を受発信していくことが必要であると考えます。
そこで総務広報委員会では、広報活動としてまずは公式訪問例会にて私たちの活動・運動についてブロック役員団を通じて県内LOMへ発信するとともに、他LOMから見た草津青年会議所についての意見を受信します。そして卒業を控えたメンバーの今までの活動・運動を通じた想いを受け継ぐ機会を設け、代を重ねる度に成長する組織となる例会の運営を行います。さらに厳格な予算策定により、組織としての強固な持続性を図るとともに、内外に対してホームページやハンドブックといったツールを通じて基本情報を発信することで、メンバーや関係諸団体の間でお互いの事をより深く認識しあい日々の活動・運動に邁進できる体制を強化します。また私たちの活動・運動の情報を広く発信するために、SNSや広報誌等をより効果的に活用し、地域のために行動するメンバーの姿や想いを伝え、地域に魅力と共感を覚えていただける体制を整えるとともに、地域の人々からの声を受信できる体制を整えます。さらに本年度は、新入学児童記念撮影を広報活動の側面から行い、私たちの活動・運動を子育て世代に対してより深く知って頂けるように展開してまいります。
メンバー一人ひとりが運動の発信者となり、地域とコミュニケーションを図っていく中で、私たちの存在意義をさらに高め、より理解と信頼の得られた草津青年会議所が、魅力に溢れ、地域から頼られる組織となることを目指し委員会運営を本気で行います。

会員室

室長:平井 正樹

私たち公益社団法人草津青年会議所は、「SO-AIプロジェクト~ひとがまちをつくり、まちがひとを育てる~」を軸とし、JC三信条に基づき活動・運動を展開していかなければなりません。だからこそ、説得力と実行力を兼ね備えた人材、地域を牽引するリーダーを育てる必要があります。
そこで会員室では、魅力ある人材を多く輩出するために、時代に即した研修やセミナーを通じて、JAYCEEとしての意識を高め、己のことを深く知り潜在能力を引き出すとともに、リーダーの在り方を学び自己を成長させることで、リーダーとしての意識向上、人間としての素質向上を図ります。そして、メンバー全員が同じ目標に向かって行動できる組織となるために、お互いを思いやる気持ちを持って切磋琢磨しながら、活動・運動を展開していくことで、メンバー同士の信頼関係を強固なものにします。さらに、この地域の発展と次代につなぐために、メンバー一人ひとりが熱い想いを持って行動し、時代に即した活動・運動を展開していきます。また、様々な気付きを得るために、より多くの地域の同志と交流することで、JAYCEEとしての視野を広げます。
研修や交流を通じて、メンバー全員が説得力と実行力を兼ね備えた魅力あるJAYCEEとなり、まちのために本気で行動する、地域を牽引する強いリーダーになれると確信し、魅力溢れる草津の実現に向けて、熱い想いを持って本気で室運営を行います。

組織力向上委員会  委員長:竹村 渉

私たち公益社団法人草津青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現に向けて、地域社会に密着し、時代に即した活動・運動を展開してまいりました。今後も地域社会に密着し活動する団体として、魅力溢れる草津を実現させるという自負心を持って行動しなければなりません。だからこそ、メンバー一人ひとりが、仲間と切磋琢磨し、自己を成長させ、説得力と実行力を兼ね備えた地域を牽引するリーダーになる必要があります。
そこで組織力向上委員会では、メンバー一人ひとりが、JC活動・運動を邁進する上で必要な情報やアイデアを取り入れるために、各種フォーラムやセミナーで学び、JAYCEEとしての意識を高めます。そして、個々が人を惹きつける人材へと成長するために、人材育成プログラムを活用し、己を知り、潜在意識を引き出し、コミュニケーション能力の向上を図り、他者へ効果的にメッセージを伝える説得力を身につけます。さらに、メンバー一人ひとりが地域を牽引することができる人材となるために、リーダーとしての在り方を学ぶ機会を提供し、説得力と実行力を発揮できる人材となるよう意識向上を図ります。また、私たちの活動・運動の視野を広げるために、他地域の同志と活発にコミュニケーションをとり、LOM単独では得られない情報や考え方を取り入れ、草津青年会議所の発展につなげます。そして、メンバーの1年間の活動を労うために、笑顔溢れる忘年会を先輩諸兄とともに開催し、メンバー同士の絆をより強くし、草津青年会議所の次世代につなげます。さらに、卒業生を盛大に送り出すために、送別会を開き、感謝の気持ちを伝えます。
様々な研修や交流を通じて、メンバー一人ひとりが自負心をもって行動する人材へと成長を遂げ、説得力と実行力を兼ね備えた地域を牽引するリーダーとなり、メンバー同士強い絆で結ばれた、まちのために共創する組織になるよう、本気で委員会運営を行います。

事業室

室長:南 弘蔵

私たち公益社団法人草津青年会議所は、節目となる昨年、50周年ビジョンとして「SO-AIプロジェクト~ひとがまちをつくり、まちがひとを育てる」を提言しました。地域社会、市民とともに地域に根差したJC活動・運動を展開し、50周年ビジョンの第一歩を踏み出す必要があります。
そこで事業室では、50周年ビジョン「SO-AIプロジェクト~ひとがまちをつくり、まちがひとを育てる」をもとに、私たち草津青年会議所が地域の先導的な役割として、市民の方々を巻き込みながら地域を活性化し、明るい豊かな社会の実現へつながる事業を行います。そして、私たち青年会議所が地域のリーダーとして、この地域の魅力を発信し、世代間交流を通じて草津の自然、文化、産業など各分野における地域資源や地域事業を体験できる機会を活かした活動・運動を展開するために、メンバー一人ひとりが草津の行事・イベントに率先して参加することで、地域のことが理解でき、地域への感謝と愛郷心を育みます。また、限りの無い可能性を持っている子供たちがのびのびと成長し、豊かな心や夢を持ち、わがまち「草津」を愛せるような魅力溢れる地域を創造します。
50周年ビジョンの1年目を通じてメンバー全員が「個」から「公」への意識改革を行いつつ、まちの他の団体同士の関係をより強固になり、次世代につなげられると確信し、さらに地域を巻き込める草津青年会議所になることを目指して室運営を本気で行います。

地域創造委員会  委員長:前田 武憲

私たち公益社団法人草津青年会議所は、新たに50周年ビジョン「SO-AIプロジェクト~ひとがまちをつくり、まちがひとを育てる~」を提唱しました。ビジョン1年目として、これまでの永きに亘るJC活動・運動で築かれてきた、行政、団体、地元企業の方々との、ネットワークと信頼関係をより強固にしながら、まちづくりの当事者として地域の方々とともに、魅力ある草津の実現に向け、継続可能な活動や運動を展開する必要があります。
そこで地域創造委員会では、私たち草津青年会議所メンバーが、この時代の地域の責任を担うリーダーとしての自覚を持ち成長するため、地域の現状を知り、何をするべきかを考え、郷土として愛することのできる地域のカタチを創造していきます。そして、メンバーをはじめ草津に住まう方々のまちづくりに対する当事者意識の向上のため、草津で開催される事業や地域団体へ積極的に参加や協働を推進することで、地域へ更なる関心を抱き愛郷心を育むことにより、やがて「個」の意識と行動を変え、「公」の中で個々が融合し一丸となって活動・運動を展開していくことが、魅力ある草津への創造につながっていきます。さらに、私たちが今まで行った事業や活動を検証し、市民の方々から求められる事業へと磨き上げ地域に発信することで、私たちの活動を認知していただきます。また、50周年ビジョンの第一歩として「SO-AIプロジェクト」を通じ、行政や団体と手を取り合い、この地域で様々な体験と体感して育まれた愛郷心と、地域への感謝の気持ちを、地域の子供や学生たちに伝えるとともに、豊かな心や夢を持つことができるような事業を創出します。
地域に伝わる古き良きものを敬いながらも、新たなまちづくりの当事者として、メンバー全員で取り組み、その強い情熱が地域に携わる一人ひとりへ以心伝心し、志を同じくする者達のつなぐ手が、やがて大きな輪になるよう委員会運営を本気で行います。

第52代理事長 進藤 一則
第52代理事長
進藤 一則
理事長所信




  • 日本青年会議所

    • 公益社団法人日本青年会議所
    • 公益社団法人青年会議所近畿地区協議会
    • 公益社団法人日本青年会議所滋賀ブロック協議会
  • その他

    • 滋賀県
    • 草津市
  • 姉妹LOM

    • 社団法人みとよ青年会議所
  • Counter

    • 114885総閲覧数:
    • 131今日の閲覧数:
    • 102昨日の閲覧数:
  • 公益社団法人 草津青年会議所