スタッフブログ  

記事一覧

グッチの高級時計、ウルトラスリムウォッチ「GUCCI 25H」初の自社製ムーブメント搭載

グッチ(GUCCI)は、グッチ生来のスタイルとスイスで培われた専門技術が融合した高級時計「ハイウォッチメイキング コレクション」を発表。〔GUCCI 25H〕 ステンレススチール オートマティック モデルを2021年秋に発売する。

グッチが“高級時計”製造をスタート

2021年にブランド創設100周年を迎えたグッチは、高級時計製造の世界に進出。クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレがデザインを手がける高級時計を展開する。

グッチのウォッチングメイキングの歴史は1972年にスタート。コレクションにウォッチを取り入れた最初のラグジュアリーファッションブランドとなった。過去およそ50年にわたってスイスの時計製造の中心地でウォッチの製造を行い、最高品質を追求。スイスメイドのラグジュアリーファッションウォッチを展開してきた。

時計製造の技術やノウハウをより進化させたハイウォッチ
今回発表された「ハイウォッチメイキング コレクション」では、培ってきたウォッチメイキングの歩みをさらに進化。スイスの時計製造における最高のノウハウ、先進的な製造技術、精妙な装飾技法の卓越した技術を結集させた希少な高級時計を生み出す。それぞれのウォッチは、植物やアニマル、ラッキーナンバー、アイコニックな「インターロッキング G」など、グッチのレガシーと伝統を伝えるモチーフから着想を得てデザインされている。

腕時計〔GUCCI 25H〕

アレッサンドロ・ミケーレのラッキーナンバーである“25”を取り入れた〔GUCCI 25H〕には、グッチ初のオリジナルムーブメント キャリバー「GG727.25」を搭載。スイスのラ・ショー・ド・フォンで開発・製造された自動巻きキャリバー「GG727.25.A」は、厚さわずか3.70mmの薄さを誇る。薄型のケースを組み合わせ、身に着けるとまるでもう1つの肌であるかのような軽やかな感触に仕上げたウルトラスリムウォッチだ。

その他モデルも発表
国内展開予定の〔GUCCI 25H〕の他、「ハイウォッチメイキング コレクション」では、〔G-タイムレス〕、〔グリップ〕、ハイジュエリー ウォッチといったラインも発表された。

〔G-タイムレス〕は5つのデザインが登場。象徴的な「ビー(ハチ)」がダイアル上で動きながらきらめきを放つ、華やかな〔G-タイムレス〕ダンシング ビーや、スタイリッシュな装飾を施したトゥールビヨン搭載モデルなどが登場する。「ビー(ハチ)」モチーフと宝石で装飾を施したハードストーンダイアルが目を引く〔G-タイムレス〕オートマティックには、上品なレザーストラップを組み合わせた。

〔グリップ〕は、オートマティック ムーブメントにジャンピングアワー機能を備えた腕時計。1時間ごとにジャンプするように進むアワーディスクと、60分を滑らかに進むスイープ式ミニッツディスクが配されている。イエローゴールドやホワイトゴールドのケースにハードストーンダイアルとアリゲーターストラップを組み合わせたモデルや、44石のバゲットカット ダイヤモンドがセットされた18Kイエローゴールドのモデル、ケース全体がサファイアクリスタル製の〔グリップ〕サファイアなどを発表。

グッチ ハイジュエリー ウォッチ

また、貴金属やプレシャスストーンを用いて、アートのように精巧に仕上げた〔ディオニュソス〕〔ライオンヘッド〕〔グッチ プレイ〕といったラグジュアリーなハイジュエリーウォッチも発表された。

コメント一覧