組織運営委員会

委員長 中西 健太

 私たち公益社団法人草津青年会議所は、長年にわたり培ってきたノウハウを活かし、組織を運営してきました。今後も、適正な会計処理と法令や定款・諸規定を遵守し、必要な情報を公開することで組織の透明性の確保をしながら組織を運営していく必要があります。また、地域に根差した活動・運動をする私たちは、草津青年会議所としての活動・運動の情報を地域へと発信することを今後も継続していかなければなりません。しかしながら、メンバーの減少とともにそれらを維持することが困難になってきている現状があり、今のメンバーで何ができるのかを今一度考えなければなりません。
そこで組織運営委員会では、社会的な信用を損なうことなくより効果的な事業を行うために、財政規則審査会議を実施し、各事業の予算計画・決算報告やコンプライアンスの適正化に努めます。そして、メンバーが基本情報や定款・諸規則をいつでも確認できるように、常に所持するハンドブックを作成し、より円滑に活動・運動に取り組んでいけるようにします。さらに、メンバーが組織の方向性を再認識できるように、組織の最高意思決定機関である総会を開催し、迷うことなく活動・運動に取り組んでいけるようにします。また、地域の人々に私たちの活動・運動の認知度を高めるため、ホームページやSNSで情報発信する環境を見直し整えることで、各情報発信ツールの特色を活かした情報発信に努めます。そして、メンバーが今後も意欲的に活動していくために、メンバー同士が意見を出し合い、新たな発見や考えを取り込める機会を創出します。さらに、新たに仲間となった同志が意義を持って活動・運動に取り組んでいくために、私たちメンバーや草津青年会議所の活動・運動内容を知り、意欲を高めます。
一年を通して健全な事業展開をし、公益社団法人として地域からの信用と信頼を得た草津青年会議所のメンバー一人ひとりが意欲的に活動・運動に取り組んでいる組織となる未来を自らの手で創造する気概を持って委員会運営を行います。



会員室

室長 辻  康裕

 私たち公益社団法人草津青年会議所はこれまで多くのメンバーと草津という地で出会い、様々な学びの機会を通じて、仲間と切磋琢磨しながらJC活動・運動を展開してまいりました。今後も草津青年会議所が地域から信頼される団体として、JC活動・運動を展開していかなければなりません。だからこそ、「明るい豊かな社会の実現」に向けて、メンバーが積極的にJC活動・運動を行っていく必要があります。
そこで会員室では、メンバーがJC活動・運動に邁進していくために、目標を持つことで、青年会議所会員として意識の向上を図ります。そして、メンバーが視野を広げてJC活動・運動を行うために、様々な成長の機会によって得た経験や想いをメンバー同士が共有することで、メンバー一人ひとりの自己啓発につなげます。さらに、メンバーがまちに対する想いを持つために、まちのことを知り自ら考える機会を設けることで、自分たちが活動・運動を展開しているまちについて考える力を養います。
メンバー一人ひとりが様々な学びの機会を通じて、意識を高めた魅力溢れる人材となり、これまで以上に地域から必要とされる組織となれるよう未来を自らの手で創造する気概を持って室運営を行います。

 

会員育成委員会

委員長 竹村  渉

 私たち公益社団法人草津青年会議所は、創設より「まちづくり」「ひとづくり」の機会を通じてメンバー一人ひとりの成長を図ってまいりました。今後も私たちは青年会議所で起こる全ての機会を大切にし、個人の成長を強く意識し積極的に活動・運動を行っていかなければなりません。
そこで会員育成委員会では、メンバーがJC活動に対する意識を高めるために、例会における委員会出向者報告に力を入れることで、与えられた役割を全力で全うする力を養います。そして、メンバーがJC活動・運動に邁進するために、目標と目的を明確にすることで、意欲の向上を図ります。さらに、向上した意欲をもって継続して活動・運動を行うために、当委員会がメンバー一人ひとりとコミュニケーションを図り、サポートすることで、最後までやり遂げる喜びを感じていただきます。また、メンバーがJC活動・運動の視野を広げるために、青年会議所における対内外の様々な成長の機会を知ることで、自らの意思で成長の機会をつかみ取る礎を築きます。そして、私たちがまちへの関心を高めるために、まちの課題について議論する機会を設け、考える力を養います。
様々な成長の機会を自らの手で掴み取ったメンバー一人ひとりが、高めた意識の中で生まれた矜持をもってつながり、それぞれがまちで活躍できる人材となる未来を自らの手で創造する気概を持って委員会運営を行います。


 

事業室

室長 遠塚 茂樹

 私たち公益社団法人草津青年会議所は、愛郷心をまちの発展の原動力と考え、各種団体、行政や学生と共に運動・活動を取り組んでまいりました。今こそ私たちは、先輩諸兄から引き継いだ事業を良化するとともに、地域に即した新たなる事業の構築を行う必要があります。
そこで事業室では、まちの発展の一助となるべく、メンバー同士の結束を図り、志を同じくする各種団体の方たちと親交を深め協働することで、活発で積極的な事業を行います。そして、私たちの活動運動を通じて、市民にまちの魅力を感じてもらい、愛郷心を育む機会を設けることで地域内のまとまりを生みます。さらに、伝統ある事業を継承し、各種団体や若者たちと協働して行うことで、対象者や協働していただく方にも、大切な思い出となるようにします。また、市民一人ひとりに草津について考える機会を設けることで、草津の魅力を感じてもらい、市民一人ひとりのまちの発展への意識を高めます。
市民一人ひとりが、草津を愛し、草津をより良くするために行動できる未来を自らの手で創造する気概を持って室運営を行います。

 

地域創造委員会

委員長 奥野慎太郎

 我たち公益社団法人草津青年会議所は、草津市民一人ひとりが草津ならではの特徴を発見できず、草津の外に対して草津の魅力を伝える術に乏しいことから、住むための場所以上の愛着を持つまでに至らない現状にあると考えます。メンバーには、地域のリーダーとして、市民が草津の一員であることを誇りと思えるように、草津の魅力や良さを知ってもらう機会を創出することが求められます。
そこで、地域創造委員会では、子どもたちの記憶に残る大切な場面に、メンバーが草津を代表して地域の団体や草津の若者たちと協働して関りをもちます。そうして子どもたちが草津での良き思い出を作り、草津の事がらを知ることができるように工夫することで、子どもたちの愛郷心を育みます。そして、草津市民が草津ならではの事物に触れる場を誂え、草津と他の町との違いを把握し、草津を自分から発信できるようにすることで、草津の魅力を自ずと感じ、愛着をもつことへ繋げます。さらに、関与する団体の方々や若者たちに対しては、草津の一員であることを再確認してもらい、共に草津を発展させていく必要を感じてもらいます。また、メンバーにおいては、これらの事業を通じて草津のことをより知ってもらい、地域への思いや草津のリーダーとしての素養を深めてもらいます。
地域創造委員会は、メンバーを含む草津市民一人ひとりが、草津に対して住む場所として以上の愛着を持ち、草津の外に自信をもって自分たちの地域のことを発信できるような、そして、子どもたちが草津を愛し、草津に住み続けてくれるような未来を自らの手で創造する気概を持って委員会運営を行います。


 

ブロック大会実行特別委員会

委員長 平井 正樹

 私たち公益社団法人草津青年会議所は、第50回滋賀ブロック大会草津大会を主管いたします。県内11LOMメンバーが一同に集う滋賀ブロック大会は、滋賀ブロック協議会の運動発信の場だけでなく、私たちの学びや情報交換の機会を与え続けてきてくれました。本大会の主管LOMとして、私たちは県内全ての先輩諸兄から積み重ねられた半世紀の輝かしい歴史に敬意の念を抱きつつも、過去を無条件に肯定するのではなく、新しい半世紀への一歩を踏み出すきっかけを創る必要があります。
そこで、ブロック大会実行特別委員会では、大会開催地である草津の担う役割の認識や大会の持つ魅力、必要性を入会歴に問わず対内メンバーへ発信する必要があり、長い歴史で構築してきた大会の歴史を知る機会を創ります。そして、滋賀ブロック協議会やブロック大会運営委員会と連携することで、各部会長を筆頭にメンバー全員がその役割を認識し、当事者意識の醸成につなげていく役割を担ってまいります。さらに、メンバー一人ひとりの目で草津の魅力を見つめ直すことは、先人が築き上げた歴史を知ることになり、相互研鑽の機会、メンバー交流の機会、そして利他の心を持つことにつながり、メンバーの高大な想い、独創的な考えを取りまとめていく役割を委員会メンバーが担い、草津青年会議所の方向性を重ね合わせた誰もがワクワクする大会の構築を目指します。
本大会を通じて、開催地LOMとして県内各地青年会議所メンバーへ草津の魅力が伝播し、対内外問わず同志に勇気を与え、地域での草津青年会議所の存在意義がより明確になる好循環が生まれます。第50回滋賀ブロック大会草津大会の構築を、全メンバーが一致団結して取り組むことが主管LOMとしての責任と信頼につながり、また本大会がメンバーにとって仲間の大切さや帰属意識をより強固なものとしてくれると確信しています。私たちの青年会議所での運動こそが地域貢献への価値を高める歩みになると信じ、未来を自らの手で創造する気概を持って委員会運営を行います。