はじめに

 私は、2014年度に草津青年会議所へ入会し、右も左も分からない中、翌年に委員長を拝命いたしました。しかし、独りよがりな活動でメンバーを巻き込むことができなかった事を今でもよく覚えています。それまで会社員として実績を積み自信に満ち溢れていた私でしたが、それは自信では無く過信であった事実と自分の力の無さを痛感いたしました。その後室長、副理事長と新たな役職に挑戦しては失敗し、それを次の挑戦への糧としてきました。そして2021年度に55周年実行委員会の委員長を拝命し、これまでの経験を活かして委員会運営に尽力した結果、初めて委員長をしていた時とは比較にならないほど多くのメンバーを巻き込んで創立55周年記念式典を作り上げることができました。式典が終わってから私が感じたのは、過去に失敗した経験は決して無駄にはならないということです。
地域に数多ある団体の中で私は、草津青年会議所ほど自己成長させてくれる組織は他にないと感じています。しかし現在では、草津青年会議所のメンバー数は減少傾向にあり存亡の危機を迎えています。その主な原因は、草津青年会議所がどういう組織なのか地域での認知度が低いことや、入会すると時間を取られて仕事が手につかなくなるといったマイナスイメージがあるからではないかと私は考えています。だからこそ、草津青年会議所の認知度を高め、イメージを良くするために、ブランディングの視点を持つことが必要ではないでしょうか。


メンバー全員で草津青年会議所の価値を高めていこう

 ブランディングにおいて最も大切なことは、メッセージの受け手に対して一貫したイメージを持ってもらうことです。我々は今まで草津青年会議所の活動や運動をホームページやSNSを活用して地域に情報発信をしてきましたが、一貫性のあるものではなく草津青年会議所が何をしている組織なのか地域の方々に十分に伝わっていないと私は感じています。そのため、草津青年会議所が地域社会の発展のために運動していること、そして自己成長が実現できる組織という一貫性のある良いメッセージを発信することができれば、地域の方々からより共感される組織となり、一緒に活動・運動をしたいと思っていただけるまだ見ぬ仲間や地域の方々を増やしていけると信じています。


地域課題の解決に取り組み、メンバーの自己成長を実現しよう

 草津青年会議所において最も重要な目的は、地域社会の発展をはかりメンバーの自己成長を実現することです。そこで草津青年会議所は地域社会の発展のために、55周年ビジョンに掲げた「シン 住み良いまち草津」にある地域課題を解決していく運動を展開していきます。2022年度では、地域課題を解決するための事業アイディアを行政や各種団体様と話し合いながら構築し、その実現に向けて協働し取り組んでいきます。また、それら取り組みを地域の方々に発信し、草津青年会議所の活動・運動に共感していただける方々が増えていき、運動の輪が広がっていくことで地域課題の解決がより現実的になると考えています。そして地域課題の解決に向けて取り組む過程で、メンバーは多くの学びを得ることでしょう。地域課題を解決する運動に取り組むことが、地域社会の発展とメンバーの自己成長へつながると信じています。


効率的な組織改革に取り組み、リーダーとして成長しよう

 草津青年会議所に入会したら忙しくなるという話や、役職を受けたら自分の時間が失われるという話をよく耳にします。現状で言えばそういったイメージを持たれることは、あながち間違いと言えません。だからこそ、そのマイナスイメージを払拭するために今いるメンバーの時間を大切にしなければならないと私は考えています。今一度、会議運営のあり方を見つめなおし効率的な組織へと改革し、メンバーの大切な時間を有意義に使ってもらう必要があるのではないでしょうか。また、執行部会・委員会を運営する各リーダーは、メンバーが有意義に時間を使えるように効率的な運営を目指して行動し、リーダーとして成長していくことが重要です。効率的な組織運営の実現によって、次の世代がリーダーに挑戦したいと思えるメンバーが増えていくと信じています。


次の世代へつなぐために、仲間を増やしていこう

 草津青年会議所を次の世代へつないでいくために、一緒に活動・運動をしたいと思っていただけるまだ見ぬ仲間を増やしていく必要があります。そのためには、メンバー一人ひとりが草津青年会議所の価値を入会対象者に伝えられることが重要です。また、メンバー全員で仲間を増やすための仕組みを構築し会員の拡大を行い、新たに入会したメンバーの参画意識を高めていきます。これらの活動を通じて、仲間を増やすとともに新たに入会したメンバーが積極的に活動・運動に邁進することで、価値ある草津青年会議所を次の世代へつなげられると信じています。


結びに

 成功の対義語として、失敗という言葉があります。しかし、人生という道を歩む中で、一度も失敗したことのない人はいないでしょう。人は失敗をして痛みを知り、それでもなお歩み続ける生き物です。しかし成長するにつれ、失敗を恐れるようになるのも人という生き物です。我々草津青年会議所は40歳以下の青年で構成されており、まだまだ失敗を恐れずに挑戦できる世代であると私は信じています。草津青年会議所メンバー一人ひとりがリーダーとして成長し、地域課題の解決に邁進する我々の姿を地域の方々に見せることで「草津青年会議所の人たちは凄い!一緒に活動したい!」と言ってもらえる組織にしていこうではありませんか。それが草津青年会議所の価値を高め、社会の発展につながると信じて。


【基本方針】

1、メンバー全員で草津青年会議所の価値を高めていこう

1、メンバー全員で地域課題の解決に取り組もう

1、メンバー全員がリーダーとして成長していこう

1、メンバー全員で仲間を増やしていこう


【LOMスローガン】

Never Give Up!
〜失敗を恐れず挑戦しよう〜